上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近こそ、登録者の面談も人材開発課に任せて居りますが、

昔は沢山の方々の登録をした。

そんな中で残念に思うのは、優秀な大学を卒業されて就職しても

短期間で退職される方が非常に多い。

退職理由の大半は人間関係が上手く行かなかった

と言う理由。

そんな方が派遣を希望する理由として、時間から時間決まった事

だけやれば良い。

派遣スタッフは、煩わしい人間関係を持たなくて良いと

思われているのだ。

問題なのは、人間関係が煩わしいものと考えてしまっている事

なのですが・・・。

次の働くステージを見つける為に心機一転、登録にお越し頂く

のだが、そう言う人に限って覇気がない。

会社で自分の役割を発揮する前に、組織に馴染めず退職される

ケースが多い様である。

しっかり勉強し一流大学を出て、3ヶ月や6ケ月で退職。

目標は一流大学に入る事、目的が不明確なのかも知れない。

英才教育を受け、知識を確り頭の中に詰め込むのは良いが、

同時に社会で必要な能力をバランスよく身に付ける事が

出来なかった事も要因の一つかと思う。

全ての方がそうでは無いが、そういった登録者に出会うと

悲しくなってしまう。

他人事とは思えない。

何かしら気付かせてあげたいと言う気持ちに駆られる。

「人間関係がうまく行かない」、「仕事が面白くない」などなど

何か有れば是非ご相談ください。

私どもラヴェリオリンクスタッフはそんな人達の為にも

在るのです。

悩む

スポンサーサイト
2007.08.01 Wed l 人材派遣 l コメント (2) トラックバック (0) l top
 昨日のブログに社員に対して、基本から徹底教育!!と書きました。営業に必要不可欠なトークを考えました。勿論、今も有るには有るのですが、今日は「魅力的な会社案内」のトークを作ってみました。




『魅力ある会社案内トーク』

 私どもラヴェリオリンクスタッフは新大阪に在り、人材派遣・有料職業紹介・請負業をおこなっております。取り扱う職種は全業種・職種で一般事務から財務事務、軽作業からSEまで弊社窓口ひとつで、欠員・増員の人材供給が可能です。

 しかも、短期・単発・長期対応できるスタッフや優秀な正社員、管理職の希望者まで約7万人の登録者がおりますので幅広くご要請に応じる事ができます。
 
 弊社は、2007年6月1日事業を開始したのですが、そもそもは、㈱ラヴェリオの一事業部として2000年の7月1日から人材ビジネス事業を開始致しました。お陰様で事業も軌道に乗り8年目を機により多くの企業先へより多くの求職者を送り込む為に分社化し、人材ビジネスを通して、社会貢献をしてゆく事を改めて決意いたしました。

 また、最近は特に介護スタッフのご要請も多く、慢性化するスタッフ不足に施設側から毎日のようにご依頼を頂いており、より充実したサービス提供するために、介護事業部を立ち上げライフケアパートナーズと称して北摂地区を起点とし、まずは1年以内に関西圏シェアNo,1を目指しております。

ラヴェリオリンクスタッフの特徴と致しましては、

 ①全業種・全職種に派遣から正社員まで不足人員の補填が可能である事。

 『先にお話し致しました様に、あらゆる業種・職種を経験した登録者が既に7万人在籍しておりますが、常に優良な登録者を増やす為、月間 平均100名の増員を行い、人材のご要請に速やかに対応できる環境を常に整えております。』


 ②お客様の立場に立った優秀な人材を提供できる事。

 『就業条件、スタッフの経験値など発注頂く時の規格・条件を満たす事は勿論のこと、企業が必要とする人材は、どこの会社も同じで有ると同時に私どもは、そこが一番重要と考えております。
 
 それは、スタッフが派遣先企業の事業目的である理念を把握し、スタッフ自身が派遣先でやるべき役割を理解し果たさなければならない。
 
 社員・派遣・パートと雇用形態は違っても、そこで働くと言う事は、企業先が目指す方向を向き成果をもたらす事が当然なのです。 
 
弊社スタッフは、その事を理解しています。』


 ③弊社スタッフの離職率は低い事。
 
 『訪問先の企業先からよく聞くのが、社員の定着率が悪い、派遣を入れても直ぐに辞めてしまう。

「派遣会社は、どこも、うちのスタッフはそんな事ないですから」って言うけど・・・と。

 辞める社員、去って行くスタッフがいるという事は、必ず、原因が有るのです。社員も、スタッフも「突然今日辞める!!」と言って辞める事はありません。
 
 私どもは、スタッフが辞める事を決意する前に手を打っています。
何をどうするのかと言いますと。派遣始業開始日、その後一週間後と定期的にスタッフから仕事の状況を聞きます。
 
 一日の自分が携わっている仕事の内容を話して頂きます。スタッフが話をする中で、スタッフが何かしら違和感をもっている点、少々疑問を感じている点を言葉の中から拾い出します。
 
 必ず、言葉の端々に現れでるものなのです。そして、その部分をクローズアップし、その事に対してスタッフの考え方が違っていれば、そこで正します。
 
 派遣先の対応がマズイ場合は、派遣先に掛け合い改善頂きます。“派遣先企業の事業発展の為に!!”話し理解して頂きます。
 
 スタッフの我慢が疑問になり問題となり不満へと発展する前に手を打つのです。
 
 始業開始早々のスタッフに「何か問題ありませんか?」と聞いても、「問題あります」と言う方はいません。
 
 スタッフの話を聞くなかから、私どもの方から問題に発展する前の”芽”を見つけ出し摘み取る事が重要なのです。

 ですから、弊社スタッフの心はいつも健康で、自分の役割を果たし成果を出してくれるのです。』

以上の3点が弊社の特徴なのです。

弊社会社案内




・・・・・如何でしょうか!!む~???
2007.07.19 Thu l 人材派遣 l コメント (1) トラックバック (0) l top

 企業先へ人材派遣の必要性は無いかアプローチをかけた時に、よく言われるのが「人材派遣会社は時間単価が高いので沢山抜いてるんでしょ」なんて言葉がよく返ってくる。


弊社営業マンも飛び込み・テレアポ時のそんな問いかけにタジタジになってしまっている。


そりゃ時給1,900円の人材派遣と時給800円のアルバイトと単価比較されると、当然アルバイトの単価が安いに決まっている。


ここで、私が高いと言われる単価に対し誤解を解いておこう。


まず人材派遣の場合、当然社員との比較をすべきなのです。


本来、熟練した正社員を配置したいところを、即戦力である人材派遣スタッフがその業務を代行してくれるという訳です。


仮に熟練した正社員の月給を23万円とし定期代1万円、賞与を4ケ月分とした場合会社が負担すべき社会保険など俗に言う第二人件費を割り出し直接原価と合算すると23万円の月給社員にかかる年間の人件費は439万円となる。


これに比べ時給1,900円のスタッフの派遣会社へ支払う金額は、373万円で済むのである。


一目瞭然である。


我社の営業マン諸君!!もっと、自信持ってくれよなぁー。


いやいや、こういった具体的な比較を確りと研修の中で叩き込めていない私に原因が有るのだ!!


よーし、明日から基本に戻って教育のやり直しだ!!


原価計算シート

2007.07.18 Wed l 人材派遣 l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。