上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
当時のスナックには、結構入り浸っている厳つい人が多く

私もそう言う“如何にも”という人と同じ空間で同じ時間を

過ごす事に慣れるのに時間がかかった。

ある晩、腹ごしらえをし、“スナック”に入ると

奥のボックスに、その方々はおられた。

“如何にも”の方々だ。

店の女の子を沢山はべらせる4人組。

大柄の方2人、小型1人、髭を面の長身1人だ。

支店は、その日給料日と言う事もあり、みんな胸のポッケには

4、50万の札束が押し込まれていた。

その分、気も大きくなっていた。

嫌な予感はしていた。

我々が入ると賑やかだって奥のボックスが一瞬「シーン」となった。

鋭い視線が奥のボックスから注がれる・・・。

支店の中で最も気の短い係長が、「ママさん、12人やけど

無理?!」

ママさんは、一瞬、視線を奥のボックスに向け

小声で「ごめん、ちょっと難しいわ」と。

係長も状況を察して、「じゃあ又にするわぁ」と。

すると奥から「ここ空けるでー」と。

”如何にも”さんから気の無い声だ。

無視するわけではなく我々が引き上げようとしたその時!

「気ぃー悪いなーお前らー!!」と、大柄の如何にもさん。

支店長は無言で人差し指を奥のボックスに向ける。

それを合図に我々12名と“如何にもさん”達と

ドンチャン騒ぎが始まるのである。

「おんどりゃー!!」罵声が飛び交い。

「ガシッシャーン!!」グラスの割れる音。

「ピューン!!」ボトルが飛ぶ。

ビール瓶が大柄の方二人のお頭を直撃!!

お二人とも床で静かにおやすみになられる。

長身の方は、ソファーごと抱えあげられ、お店の外に投げ出され

外が気に入ってか入って来られない?!

小型さんは、何か急用でも出来たのか“池のめだかさん”の様に

人の間をすりぬけ、暑くてのぼせられたのだろう

鼻から血を流しながら、「覚えとけよー」と捨てゼリフ。

外に走って出られた・・・。

一件落着し。

いくらか店にお金を渡し違う店で飲み直しで有る。

これは、大昔のノンフィクションである。

今思うと、非常に恐ろしい出来事であった。

おこったぞー

スポンサーサイト
2007.08.21 Tue l 思い出 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先月7/5のブログの続きNo,3で、飲み屋編である。

前編でも書きましたが田端支店長は、非常に豪快であり

一本筋が通っておられる。

仕事もさる事ながらアフター5でもその豪快さは、変わらない。

今でこそ、休みの前日である金曜日は“花金”一週間の終わり!

翌日は休み!!と、言う事で同僚上司との飲み会が集中するが、

当時の大阪支店では週一回の飲み会などあり得ない。

飲み会は、必ず毎日あり一日の締めくくりの行事であり、

参加者はその会に出席できる事を誇りとしていた。

なぜか?!

参加者は全員、現場を駆け回りオーダーを取ってきた社員に

限るからだ。

ボウズは、参加できないしきたりになっている。

当時を振り返るとこうだ・・・

営業を終え現場から支店に帰り夕礼を済ませ、当日の現場で出た

お客様からの反論に対しての応酬話法を身につける為に

ロールプレイングを行う。

その後、翌日の営業準備を終え業務完了となる。

その頃になると、支店長が社員一人一人に声を掛けて回られる。

「おー、ご苦労さん!!」

「稲野、今日の結果は?!」

「3.4ポイントです!!」

「そうかーメシ行くか?」

「ハイ!!」と言った具合である。

因みに、3.4ポイントとは、幼児向けの知育玩具フルセット

(当時308,000円ちょい?) の、ポイント数値である。

これがボウズとなると、一変する。

「おー、ご苦労さん!!」

「稲野、今日の結果は?」

「すみません、ボウズです」

なにー!!ボウズ?!」

「・・・」後は、相手にされない。

この無言が恐怖なのだ。

おおよそ、事務所を一回りされ事務所を後にする。

ホームグラウンドは、東通り、兎我野町。

まず、“焼肉の大道門”で腹ごしらえをしてその後、

スナックへ繰り出すのだ。

その集団の塊は、一種異様である。

肩に背広をひっかけて、両手はポケット、磨き上げられた

白のエナメルの靴先に夜のネオンの光が鮮やかに写る。

先頭を歩く支店長だ。

その後に、同じ様な格好をし、浅黒い顔の目をギラつかせた

社員が15人程続くのだ。

その塊が、店で繰り広げる出来事が兎に角すごかった・・・。

今考えると笑えるが・・・。

No,4につづく

ボウズじゃいられない!!

2007.08.20 Mon l 思い出 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 サラリーマン時代在籍していた会社の上司が、他部署の社員の事を「あいつは要らない社員だ!」なんて言っていた事を、ふと思い出した。

私の会社には、不要な人材はいない、一人ひとりにやって欲しい事が沢山あり必要な社員だからこそ、在籍してもらっているのだ。

大切な部下ばかりである。要らないと思った時には、その社員はいない。

今から考えれば、その会社は瞬間的に余裕があっただけの会社だったのだと思う。

年商352億の会社だったが、今その会社は存続していない。

可愛い部下

営業は数字だー!!
2007.07.27 Fri l 思い出 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。