上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
人間は、多少ルーズな考えでも良いのでは・・・。

いっぱいいっぱいよりも・・・

スポンサーサイト
2007.09.18 Tue l ふと思う事 l コメント (2) トラックバック (0) l top
安倍総理の電撃辞任に、なぜこの時期に?!

と疑問が残る辞任劇で有ったが、われわれ国民は

次の総理大臣に期待するしかない。

今回の辞任で安部総理も色々な批判を受けているが

中でも多いのが、お坊ちゃま総理、総理の器では無い。

しかし就任時は、拉致問題などの取り組みを評価され

小泉総理の後任として期待度は高かった。

結局は中途半端に国民の信用を落とすような形で終わった。

総理の器、社長の器、色々な場面で人の器について語られるが

私は、覚悟の問題であると思う。

政権を握り人々に希望と満足を与え成長を促す

仕組みつくり、国つくり・・・。

その事に真剣に取り組む覚悟が出来ていなかったのであろう。

まして個人的な満足やエゴだけでは、リーダーシップは

図れないしその役割は果たせない。

残念ながら、不審感漂う今の政治、政治家たちの中で

総理の器を兼ね備えた人物はいるのか?

答えはノー!!だ。

先に、次の総理に期待すると書いたが、

勿論、リーダーとして総理として覚悟を持った人物を期待する。

器は覚悟。

私は、そう思う。

そもそも出来上がった器などない。

器は、造るものだ。

人間の器

2007.09.15 Sat l ふと思う事 l コメント (1) トラックバック (0) l top
釣果


今日私のブログを覗いてくれている知人から

「最近釣りの話が無いですね」と・・・。

そうであった、ブログを書き始めたときに

FC2ブログランキングのカテゴリーでも釣り好きなので

「釣り・フィッシング」に登録していた・・・。

と言う事で、今日は釣りの話を・・・。

「う~ん!!」

「釣りに行きたーい!!」

釣りの事を考えると無性に釣りに行きたくなってきた。

この前の休日の話になるが、アオリ狙いで海へ行った。

が・・・結果はボウズであった。

このままでは帰れないと!!

場所を変えガシラ狙い!!

「なんと!!なんと!!なんと!!」

24Cmのガシラをゲット!!

一つの防波堤のテトラ群で約1時間の間になんと15匹。

「大きくなったら、又おいで!!」と、小ぶりなのは海に帰し

気持ちよく帰路についた。

しかし、やっぱり海では遠投!!

投げないと!!

あーぁあ次は何時釣りに行けるやら・・・。

やっぱり遠投だ!!

2007.09.14 Fri l ふと思う事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日、私の昔からの大切な知人のブログを覗いてみた。

少々口は悪いが酒好きのパワフルな人である。

ブログにその人の座右の銘が紹介されていた

「疑人不用、用人不疑」とある。
 
意味は、「疑うならその人を使うな使うならその人を疑うな」

と言う事らしい。

その方もマネジメントをする立場の方で、

今までに色々な苦労や迷いも、有ったのだろうと、

想像させられた。

しかし何時もパワフルで今も活躍されているようである。

「なる程!!」・・・である。

管理職や組織人が悩むところ、迷いを払拭してくれる

良い言葉だ。

感激、感激、収穫!!

今日は確りと、この言葉を噛みしめ心に刻もう。

じゃあずさん有難う。

収穫

2007.09.13 Thu l 贈り物 l コメント (0) トラックバック (0) l top
社内風土造りの重要性を痛感した。

営業等で社外に労力を費やすのは当たり前とを感じるが

内部に対しては…?

しかし・・・

「オイオイ、Aさん君は何を言いたいの?

部下を横に置いてそんな事言うものじゃ無いよ!」

「いやいやB君、それは根本的に違うじゃ無い!

ビックリさせるなよ!」なーんて・・・。

えっ、なんで?」

思う様な事が私の回りで混雑している。

残念ながら全て私の部下だ。

管理職として失格!!

と言いたい所だが

私が承認し配置しているのだ。

成果を出すためには社員教育も含め

社内の風土作りの重要性を感じる。

昔、私が営業で居た会社ではあり得ない!

と捌け口を求めようが、私の会社、私の部下!

その事態に直面している当事者である私が正して行かねば…!

外も内も右も左も鋭い感性をもって

モラル、ルール、あらゆる事への定義付けして行かねば!!

「ムッ?!おかしい!」

と思う事態に直面している当事者が正して行ける風土作り!

大切ですよね。

風土づくり

2007.09.12 Wed l ふと思う事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今朝「なにわの社長ブログ」を書かれている難波社長と

電話で話した。

10日付けの社長ブログを読んで、どうしても聞きたい事があり

電話してしまった。

勿論、面識もない。

私も思い立ったが吉日で即行動してしまう。

突然の電話にも拘らず快く私の質問に対して

丁寧に説明をして下さった。

んー説得力のあるシブイ声!!

以前から、なにか社長に惹かれるものがあった。

改めて考えてみると・・・仕事に関してのスタンス!!

クライアントからの依頼を受けた仕事に対して

「お仕事を頂戴したアリガタヤ、アリガタヤ」では無く

仕事を出す側受ける側が成果を生む為には対等であり

良いモノ作りの為には真剣に向き合い妥協しない、させない点。

不安極まりないこの世の中に対する当事者意識!!

非常に共感する。

尊敬できる社長の生きざま、考え方がブログから窺える。

私もこれから、もっともっと色々な気付きを実践し

確信にして、人に伝え人間を極めて行こうと改めて思った。

シャチョー有難う御座いました。

極める再構築

2007.09.11 Tue l 出会い l コメント (4) トラックバック (0) l top
私の知人で凄い社長が居る。

藤原社長40歳だ。

商品の卸を主たる業務としてやっている会社だが

ここ最近ペットフード関連事業や飲食チェーン店などへも進出し

事業拡大収益増を実現させているのだ。

2代目の社長だが、社長就任以後急成長させている。

何が、どう違うのだろう・・・。

ちょうど4年5ヶ月前に管理職の教育研修で一緒になり

以来親交を深めている一人である。

常に妥協をしない。

モチベーションアップの為に自己啓発を欠かさない人物だ。

すごーい!!

良いモデルケースを見習い、頑張らねば!!

組織力で3年後には30億の壁を破り35億を

現実のものにするぞ!!

頑張るポーズ

2007.09.10 Mon l 宣言 l コメント (0) トラックバック (0) l top
皆さん、人間の脳の細胞ってどれくらい使っていると

思われますか?

なんと一生涯に使う脳細胞の数は、百般に秀でた人でも

三分の一に満たないと云うから、一般的には3%が

良いところで、残りの97%は使っていないと言う事です。

また、重さは、成人男性で1400g、あの有名な

アインシュタイン博士は1230gだそうです。

アインシュタインの脳を解剖したデータなどによると

見た目は特に普通の人間の脳と変わらないらしい。

どうして、アインシュタインは凄いのか?・・・。

いやいや、そういう事を言いたいのでは無く

人間は、つくづく脳を使っていないなぁーと思うのです。

97%%の使っていない脳ってどんな能力を持っているのだろー。

なーんて、思いますよね。

皆さんまさか、97%を使うとテレパシーや、透視まで

出来るのだなんて、思ってないでしょうね。

実は、小さい頃私はそう思っておりました・・・。

自分なりによくよく考えると、人間は日常の出来事でも

仕事を進める上においても、余り深く考える事をしていない

ように思えるのです。

勿論、人によって差はあると思うのですが・・・。

たとえば、何か仕事で失敗したとします。

上司に報告したら「バカものー」と一喝され

なぜ失敗した事が良くないのか、他にどう波及し

どんな結果をもたらすのか・・・などなど。

上司は、部下に理解させようと一生懸命説明してくれますよね。

その話を聞き部下は「なるほど!」と自分のした事に反省をする。

「次から同じ失敗をしないようにしよう」と考えます。

そこまでで終わっているのです。

第一に、自分が判断し手を下そうとする事を

あらゆる角度から検証し、どんな結果をもたらすか?

それは良い事なのか?

深く、深く考え想像する事が大切ですよね。

また、上司の話を確りと理解し、その考え方を基に

違う問題に置き換えた場合、どうすべきであるか?

応用問題を解き、上司の言った事を再確認し、確信にして

頭の中に入れるのです。

ごちゃごちゃと書いておりますが、要するにあらゆる事に対して

冷静に深く・深く・深くその先を考えることが

重要なのだと思います。

深く・深く・深く考える事が使いきっていない脳の97%を

使う事になるのです。

脳の97%の使いきれていない部分は特殊能力ではなく

自分自身の身の回りの出来事に対して

或いは五感で感じる全ての事に対してもっと深く考え

良い結果をもたらす事ができる確率を高める為の

部分だと思えるのです。

皆さんは、どう思いますか?

97%の部分を使い切りましょうね!

深く・深く考える事をすれば、不覚を招くことは無いでしょう。

深く・深く・深く・不覚??

2007.09.07 Fri l ふと思う事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「自信を持て自信がないから

君の仕事には、迫力も粘りも厚みも無い」


昔、飛込み営業会社に居た時に毎日の朝礼で唱和していた

「営業の十則」の中のワンフレーズである。

最近、当社営業マンを通じスタッフの方から

「自分に自信を持て無いんです」と言った相談受け

どう導いてやれば良いか・・・と質問を受けた。

咄嗟に頭に思い浮かんだのが先の「営業の十則」の

フレーズである。

しかし自信を持てない人に「自信を持て」なんて言えない。

私も、ある方に相談してみると良いアドバイスを頂いたので

紹介しておこう。

その方曰く・・・


自信のない人は、自分のできないことをやろうとし

人から認めてもらうことで、自信が得られるのではないかと

考える傾向にあるとの事。

人から認めてもらえば自信が得られる。

確かにその部分は合っているのですが、それは自分に

できない事とできる事と区別しなければいけません。

でもなぜ自分にできない事をやろうとするのかと言うと

そういった方は劣等感が強く、自分にできないことを克服すれば

その劣等感から解放されて自信がつくと思っているのです。

反対に自分に自信のある人は、自分のできる事をやろうとします。

自信のある人と、自信のない人との大きな違いは

そこにあるのです。

大切なのは、何かができることで自信がつくわけでは無いのです。

そうやって、物事の結果に執着する人は、心の中で人と自分を

常に比較しているので、優越感や劣等感に振り回されるのです。

重要なのは、まず自信の無い自分で当分やっていこうと

心に決めることです。

そして、自分にできる事をやっていくことです。

できない事をやり遂げ、人からの評価を求めるのではなく

自分の能力でできる事をバカにしないでやり、自分で自分を

評価するのです。

また、自信を持とうと思う前に、どうして自分は自信が

持てないかという事を掘り下げて考えてみるのも大切です。

「どうすべきか」「こうしなければならない」の前に

「何故、こうなったのか」ということも考えて見るのです。

何故かがわかれば、「じゃあ、こうしよう」という

道筋も見えてくるとの事。

自信を持てなくなった根本的な原因も見つけられるかも

知れませんね。

納得・納得ですね。

出来る事からはじめよう

2007.09.06 Thu l 情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
人材ビジネスに携わり人の入退社の場面を

よく目の当たりにする。

職業柄あたり前だが、ここ最近、特に2,3年離職頻度が

非常に高い。

言い方を変えれば、せっかく就職しても

簡単に退職を決意してしまう。

そんな方が多くなったと思う。

昨今、終身雇用型企業は、時代・社会情勢により

ほとんど無くなり、今は成果主義企業・報酬という

会社が大部分を占めている。

だからと言ってスキルアップの為の転職や、

引抜による転職、報酬のレベルアップと言う事でもない。

要するに諦めが早い。

非常に残念である。

辞める理由はどうであれ、話を聞くと

必ず人の責・モノの責にしてしまっている。

「ふーん、なるほどねー」と、思える事でも

残念ながらそうではなくて人の責・モノの責になっている。

共通して言えるのは、その人が言う辞める理由や原因に

前向きに解決に向けてチャレンジ出来ていない。

なぜ、諦める?

なぜ、あの人は無理?・・・。

なぜ根気よく相手を理解させようと行動を取らない?

なぜあの人は無理と決める?自分の話しの内容は相手に

理解させられているか?

チャレンジして乗り越える事が、人間力向上に繋がるのです。

人間の能力が高まるのです。

どうか逃げずにチャレンジし、身の回りの同じ様な事で

悩んでいる人を前向きに導いて上げて下さい。

どうか自分の子供が弱音を吐いた時に

チャレンジして乗り越える勇気と乗り越えた時の爽快感を

語ってやって下さい。

一人でも多くチャレンジする人が増え

一人でも多く人に語れる人が出てくれば

自分の回りが、会社の仲間が、町内の人が、子供たちが

国が、世界が、地球が変わる。

たった一人、自分自身へのチャレンジが世の中を変えるんです。

凄い事ですよね。

みんな、

チャレンジしようぜ!!




自分・あなたの子供・未来の子供の為に・・・。

2007.09.05 Wed l 人間力向上 l コメント (0) トラックバック (0) l top

8月末から9月頭にかけて、私の周りで

頭悩ます色々な出来事があった。

今までの悩みは、自分が直接問題に係わり頭悩ますモノで

即対応で解決・回避できたが、今の立場になり

起こる出来事は殆どが事後になってしまっており

被害を最大限収める事しか出来ない

歯痒さだけが残る。

非常に抽象的な内容で申し訳ないが・・・。

私にふりかかる問題は、私に与えられた課題!!

苦境を乗り越えパワーアップするぞー!!

ホント抽象的で申し訳ない。

2007.09.04 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

2007.09.03 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。