上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いよいよ明日11月30日はリンクスタッフ上期の終了日です。

個々の評価は厳密に行うが総体的には、

みんな良く頑張ってくれたのではなかろうか。

予算対比の達成率は、売上97%経常利益85%見込。

後一日、最後の最後まで追求して行こう。

下期は、より一層組織力の強化を図り

予算対比120%を目指す。

非常に楽しみだ。

達成率

スポンサーサイト
2007.11.29 Thu l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
情報伝達ツールにインターネット、テレビ、ラジオ

新聞などあるが、品質を疑ってしまう期待はずれが多い。

最近のテレビのバラエティー番組の内容や芸能人などの

発言には耳を疑いたくなる様なドキットする事が多い。

各局のアナウンサーでさえ主観を挟んだモノの表現などが

非常に多く視聴者は正論として取ってしまう恐れがある。

メディアを通して視聴者にどう影響するか考えるべきでは

ないだろうか・・・。

11月15日の朝日新聞を読んで非常に残念に思う記事があった。

http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000000711150003

内容が余りにも偏った考え方と憶測で決めつけた主観で表され

それが如何にも正論と言わんばかりに堂々と紙面に

載っているのです。

しかも地域労働組合で会社の労働組合に入れない

雇用形態の方々の駆け込み寺的な相談窓口の方が

記事を書いている。

これからのマスメディアの在り方、質のレベルアップを期待する。

実際の記事

2007.11.17 Sat l 怒り l コメント (0) トラックバック (0) l top
学ぶ時、教える時こそ人が成長する時。

何気なく過ごす日常生活の中に沢山そんな場面があります。

皆さんは、それに気付かれていますか?

例えば社内の日常の出来事では、部下の失敗やクライアントとの

トラブル、スタッフさんが泣き言を言って来た。

などなど、色々な出来事が有りますが、そう言った時こそ

日常起こる出来事から自分と相手が学んだり

相手やまわりの人に教えるチャンスであり

大切で非常に重要な場面なのです。

皆さんはそれを見過ごしていませんか?

些細なことだからと、同僚・部下・上司の不可解な言動を

見て見ぬ振りをしていませんか?

事無かれ主義ではお互い成長できません。

特に会社、家庭内においては非常に重要な事です。

その集合体の人と未来に悪影響を及ぼすからです。

例えば、社内で上司が発する言葉、何気無く発した言葉が

その集合体の目的に反している場合があったとします。

部下は「あれ?」と、疑問を持ちますが事なかれ主義の

部下は、何もなかったように振舞う。

当然上司は何気ない気持ちで発しているので目的に

反した言動だと気付いていない。

まわりの人も何も言わない、気付かない。

結構、日常の光景でこう言った場面が有ります。

残念ながら、その組織は成長できないのです。

衰退して行きます。

疑問を持った部下が、当然上司で有ろうが疑問をぶつけ

解消すべきなのです。

当り前の事ですが、なかなかそれが出来ない。

そこで、注意し上司に理解させられれば、まわりの人たちも

何が正しい事か何が間違いか再確認できるのです。

部下が上司がと悪者探しでは無く、起こった出来事から

学び合い教えあえる事が出来るのです。

そういった事を当たり前に出来る環境こそ

成長できる組織=人=会社をつくるのだと思います。

皆さんもぜひ日常の出来事から互いを高め合う為の

環境作りをしてみては如何でしょうか?

高め合える環境

2007.11.16 Fri l ふと思う事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
皆さん、仕事や人間関係などで、悩んでいませんか?

人間一つや二つ悩み事って抱えてますよね。

私も同じです。

でも、簡単に解決しています。

キーワードは、“当たり前の事を当たり前にやる”です。

疑問を感じた時に確認する。

相手が言わんとしている事を理解するまで聞く。

疑問を放置しない。

自分自身が問題を難しくしたり、問題をすり替えたり

している事が多々有ります。

1+1の答えを出すべきところを1-1の問題を解いている。

答えは2で有るべきなのに0を出している。

勿論2=0では無いですよね。

だから解決しないのは当然なのです。

そんな場合解くべき問題を知らぬ間に自分自身が

すり替えてしまってるのです。

例えば、会社組織で集まった社員が私的感覚で

仕事に取り組んだり仕事の中で私的感覚を交え判断すれば

当然良い結果が生まれませんし捗りませんよね。

しかし本人は私的感覚で取り組んだり、判断したりしている

つもりは無いのです。

いつも上司に注意を受けたり、仕事が上手く捗らない

と言う様な方は私情を交えていないか見直してみましょう。

どう見直すか?

企業理念の観点から問題や仕事をどう取り組むかを

見定めるのです。

それから、問題としている事柄の根本を自分の目と耳と口で

直接確認して見て下さい。

必ず解決解消の糸口が見つかるはずです。

秋ですね

2007.11.07 Wed l 確信事 l コメント (2) トラックバック (0) l top
この土日、場所は某所。

舟釣りを決行したのですが・・・。

「ちくしょ~!!結果、ボウズでした!!」

投げ釣りにロマンを抱く私としては、浜からの投げ

波止場を専門としておりますが、初めての舟釣りに

大物を期待し前日からワクワクドキドキ。

ワクワクドキドキ


70Cm級のメジロを5、6本。

25Cm級のアジの大漁をイメージしていたのですが

結果は20Cm級のアカベラ15本とお粗末な結果。

「悔しい~!!」

魚影は??


糸を垂らしたのがAM10時くらいからで有った事と

潮とポイントが今回の釣果となった。

「結果を出すには、事前に結果を生むための

情報収集と準備をしなくてはならない!!」

と、いつも営業マンに言っている事なのに・・・。

今回は、結果のイメージのみに酔いしれてしまった。

「次回こそ大漁だ!!」

「新しい目標も見つけた!!」

「クルーザー購入だ!!」

新吉さん


船頭の平野新吉さん有難うございました。

2007.11.05 Mon l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日から11月。

世間では相変わらず不正・偽装・不祥事が国の機関

民間企業で繰り広げられています。

非常に残念でなりません。

仕方ない・他人事と考えず、この世の中に存在する限り

私達一人ひとりが正常な世の中を再生させなければ

ならないのです。

これは一国民として人間社会に属する人としての

任務であり義務である。

一人ひとりに何が出来るか?

「正しい考えを持ち能動的にコミュニケーションをとり生きる」

これです!

実は簡単なようで難しい・・・。

また詳しくは、ブログ内で持論を述べたいと思います。


ところで今日は月のスタート日。

皆さん、何か誓いを立てましたか?

当社では昨日の全体会議でも社員に通達致しましたが

「コミュケーション月間」と称して

社内で普段以上に意識して“対話”を心がける様にしています。

人材ビジネス会社の社員故、特にコミュニケーションを

上手くとれないといけません。

会社で部下と話す内容は、指示や命令だけに

なっていないですか?

一日が終わって今日は、社内で2、3人としか話してない

と言う事はないですか?

是非、皆さんも対話を心がけてみてはどうでしょうか?

一日が変わりますよ!!

コミュニケーション

2007.11.01 Thu l 人間力向上 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。