上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日、営業担当者と同行し、お取引先へご挨拶に行った時、

非常に残念な場面に出くわしてしまった。

お取引先社長とは10年来のお付き合いをさせて頂いており、

当社がまだ部門として人材派遣事業に携わった時からのお客様である。

その社長は、経営者として采配を振るい中小企業では有るが、

非常に安定した業績を残され、着実に事業拡大・社会貢献を行って

おられる。

そんな会社にも関わらず先日、お伺いした際、社長離席時に新米

担当者が「実は、私は社長の考えとは違うのです」(意見が違うの

ではなく、根本的に考え方が違うと言うのだ・・・)

流石に私も、この言葉には開いた口が塞がらなかった・・・

社長と考えが違う???残念ながら、さようならされた方が宜しいの

では?!と思いました。

 起業し、組織の長である社長と、考えが違う?!

私も自分に置き換えて、少々考えてしまいました。

訪問先の新米担当者(新米と言っても50代後半)の様に、

真っ向から考えが違うと言わないにしても、果たして社の皆は

お客様や現場で頑張ってくれている可愛いスタッフの皆さんに対して、

社長である私の意に沿う考え方・対応・満足を与えてくれているの

だろうか?

少々、考えさせられる出来事であった。
スポンサーサイト
2011.05.02 Mon l 最近あった出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。