上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
1/15朝日テレビ「報道ステーションSUNDAY」で大阪市長の橋下徹氏と北海道大学

大学院教授 山口二郎との間で、日本の教育制度や教育委員会の在り方、今の

制度の仕組みについて議論が為された。

ご覧になられた方には、説明の余地もないが日本政治学会理事長さんでもある

政治学者さんの山口氏がタジタジであった。

非常に心地よく思えたのは私だけでは無かったのではないでしょうか。

なぜなら山口氏の最近の著書でも「橋下主義(ハシズム)を許すな」。

講演会でも「チンピラにいちゃんの野望打ち砕け」などと訴えるなど、

正真正銘のアンチ橋下派である。

選挙期間中には橋下の政治手法を「上から枠をはめないといけないという貧困な

人間観しかない」と言い、大阪都構想についても「実現の可能性はゼロだと思う。

だからこそ、いつまでもこねくり回している」と非難するなど憶測、机上論者の

代名詞的人物ではなかろうか。

私にはその姿は、現職国会議員とまったく同様に映る。新政権・政策に対する

批判、新米無知大臣の発言に対しての責任追及ばかりで、それが仕事と勘違いし

進めるべき決議、施策も打ち出さず後回しし、国民の血税で飯を食っている

議員様と何ら変わりない。

それでいて、現教育制度などに詳しく現場を熟知しているならまだしも、

机上論ばかりの無知さ加減には呆れる。

大阪都構想を掲げる橋下市長は、府庁時代に赤字の大阪府を黒字に転換した

実績の持ち主でもあり、有権者に高支持率を経て有言実行で本気で大阪を

変えようとしている侍だ。

TVに出演して持論を発しようとするならば、もう少し知識を得てから

覚悟を持った侍と向かうべきではなかろうか?
スポンサーサイト
2012.01.16 Mon l 最近あった出来事 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://linkstaff.blog111.fc2.com/tb.php/115-eb26fe97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
1/15朝日テレビ「報道ステーションSUNDAY」で大阪市長の橋下徹氏と北海道大学 大学院教授 山口二郎との間で、日本の教育制度や教育委員会の在り方、今の制度の仕組みについて議論が為された。ご覧になられた方には、説明の余地もないが日本政治学会理事長さんでもある政治...
2012.05.05 Sat l まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。