FC2ブログ

 最近の日経新聞に書かれていた気になる内容があり、私の意見も交え紹介したい。 070706_1933~01.jpg
最近、中小企業規模の派遣会社が、派遣職種を絞込み特化して行く傾向に有ると。


また、それに反して大手派遣会社は、益々総合的に業種・職種の対応をして行くと言うのだ。


なぜ中小規模の派遣会社が特化して行くかと言うと、スタッフ確保の為の募集費がかさみ、利益を圧迫しているからと言う。 


我がラヴェリオリンクスタッフは、中小企業規模でありながら総合的な人材派遣・有料職業紹介を行っている。


私の拘りでも有るのだが、一社総合職種対応をする事で、より多くのご注文をお受けし飛躍的な売り上げ・利益確保を実現できるからだ。


勿論、募集費はかさむが、成約率を上げる為には受注量とスタッフの登録者数を増やす事が重要である。


卵が先か鶏が先かである。


如何に効果的な募集を行うか、必要とするスタッフに対し如何に目の届くところへ魅力的な仕事内容を届けるかが絶対だ。


Web、折込、フリーペーパー、新聞と繊細に使い分けターゲットに情報を提供する事。これが重要である。


私は、中小規模の派遣会社が、ただでさえ薄利な派遣業の利益をこれ以上薄くさせまいと特化する事で受注職種、募集スタッフを一業種に絞りこみ募集費をおさえ効果的に利益を生もうとしているのだとは思う。


しかし、私は特化する前にもっと重要な事に目を向け実行しなければならないと思う。


それは、企業組織の強化、各セクションの質の向上が絶対である。


組織内の部署が理念を追究してゆく上において、与えられた任務と義務をシッカリと理解し常に最大限に能力を発揮し取組み、結果の分析を基に常に改善が行われているかが重要である。


その内容の濃い仕事の中で、社会情勢や傾向などの情報を基に業種特化、職種特化を決定して行くべきではないだろうか。


紙面で紹介されていた中小規模の派遣会社の特化は単純な経営上の利益確保にすぎないと思う。


密度の薄い仕事から収集したデータを基に単純な特化は、危険。


派遣業に限らず、すべての企業は、もっと組織強化を行うべきではないでしょうか。

スポンサーサイト
2007.07.06 Fri l 派遣業界 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

灯台もと暗し
なるほど、私も何かに特化しなければ!とばかり考えていましたが、先ずは地盤固めが重要なんですね。
2007.07.10 Tue l 同業. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://linkstaff.blog111.fc2.com/tb.php/5-3c2940db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)